ニュース一覧
2015.1.25
インフルエンザの院内感染について
  既に報道等でご承知の事と思いますが、1月20日(火)より当院でインフルエンザの院内感染が発生し、
24日(土)現在で10病棟の入院患者様16人と病棟職員等9人の計25人が発症。このうち入院患者様の
1人がお亡くなりになりました。現在は入院患者様、病院職員ともに重症者もなく、発熱などの症状も快方
に向かっております。
 今回の事案につきましては、保健所等関係機関の指導のもと、感染の予防と拡大防止に努めて参ります。
この度の院内感染に起きまして、亡くなられました患者様のご遺族の方には、心よりお悔やみ申し上げます。
  
 今後は、これまで以上に職員一同院内感染防止に取り組んで参ります。

 なお、現在原則として入院患者様への面会を控えて頂いております。皆様のご理解とご協力を宜しくお願い
いたします。
                                     八千代病院 院長 伊村 郁夫
一覧に戻る